スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MASTERS優勝構築「ガルーラ主人公構築・改」

どうも、第7回MASTERSで優勝したアダムスです
せっかくなので優勝構築でも紹介したいと思って記事を書きました!
ちなみにMASTERSでは予選3-1で1位抜け、準決勝で流星群のやくらん君、決勝戦では流星群のcloudiaさんとの身内戦を制して優勝しました

今回の構築名は「ガルーラ主人公構築・改」
ということで以前紹介した「ガルーラ主人公構築」の改良版です
なのでコンセプトは「ガルーラの邪魔するポケモンを排除してガルーラの一貫性を作る」とかそんな感じになってます



どくどくのところにエクセルの緑の枠が残ってるけど初々しさで許してくださいな

以前の構築の問題点を修正し、全体的にも汎用性を上げたつもりです
具体的には
・リザードン→カイリュー
・ゴチルゼル→ギルガルド
・バンギラス→ヘラクロス
といった変更をしました

それぞれ変更の経緯を説明します

・リザードン→カイリュー
元々リザードンの採用理由は、ガルーラの選出しにくいルカリオ、バシャーモ入りの構築に対して立ち回りやすくするためでした。しかし、どちらに対しても上から縛られやすいので結局慎重な立ち回りを必要としてしまう部分が多かったです。
なので、加速していくバシャーモを神速で上から殴ることができ、耐性的に上記の格闘2体に不利を取られにくいカイリューを採用しました。ルカリオに対してはそこまで有利とは言えませんが後述のヘラクロスとギルガルドがルカリオに強いのでカバーできていると思います。
また、以前の構築では初手ガルーラを出すとリザードンがいないと判断され、地面の一貫が出来てしまうという欠点があったのですがそこも解消できています。

・ゴチルゼル→ギルガルド
ゴチルゼルは汎用性が低くそもそも選出がしづらいという欠点がありました。選出画面でゴチルをみて耐久ポケモンを出されないこともあり、役割対象外には滅法弱いゴチルは腐りやすく選出のしづらいポケモンでした。
そこで、多くの耐久ポケモンを起点にでき、汎用性が高いポケモンとして毒ギルガルドを採用しました。リザードンがいなくなった代わりにクレクチに強い駒が欲しかったのも採用理由です。

・バンギラス→ヘラクロス
追い討ちバンギの性能は評価したいのですが、ガルーラゲンガー対面でバンギに退くと気合玉が一貫してしまうのが問題です。以前の構築の使用中にCS気合玉メガゲンガーが増えていると感じ、構築の改良の必要性だと判断しました。
鬼火気合玉が恐くなくゲンガーに強い追い討ち要因としてチョッキヘラクロスというポケモンがいることを小耳にはさんでいたので採用してみました。単純な特殊との打ち合いにも強くバンギよりも汎用性は上がっていると思います。
また、選出画面ではメガヘラクロスに見えるので相手の選出を狂わせることもあるかも知れませんね。

以下個別解説
※ガルーラピクシーは前の記事と同じ個体なので省略します

ガブリアス 陽気 ゴツゴツメット
地震/ステロ/岩石封じ/大文字
60-44-148-0-4-252
191-156-134-90-106-169

前回と同様にゴツメガブ。ただし、努力値振りと技構成を変更しています。
アローに薄い構築となってしまったため過去に使っていたステロ持ちゴツメガブ流用しました。大文字の枠はなんでもいいのですが炎技持ちが少なかったので技も変えずに個体を流用しました。面倒だっただけ
カイリューで物理決定力をおぎなうことが出来ているのでAを割いて物理に厚く振っている個体を使用しました。
調整は忘れましたが陽気メガガルのグロパン+親の恩返しを高乱数で耐えるぐらいかと思います。


カイリュー 陽気 ラム
逆鱗/地震/神速/竜舞
4-252-0-0-0-252
167-186-115-x-120-145

よくある陽気ASぶっぱラム竜舞カイリューです。レートとかでは鉢巻で使っていましたが鬼火アローが恐くてラム竜舞にしました。鉢巻の方が強いのでもしも参考にしてくださるなら鉢巻で組み込んだ方がいいと思います。
ガルーラが苦手とするルカリオやバシャーモに対して後出しができ、特性がピクシーの癒しの願いと相性がいいため採用しました。

ちなみに鉢巻型は逆鱗地震神速炎Pで意地っ張りH196A252B4D4S52とかで使ってます。


ヘラクロス 意地っ張り 突撃チョッキ
追い討ち/インファイト/メガホーン/岩石封じ
156-196-4-0-148-4
175-187-96-x-134-106

バンギラスに代わる追い討ち枠。採用理由は前述の通りです。
チョッキ持ち特有の安定感があるのが好きですが火力が足りません。鬼火をもらってさらに退き際の追い討ちでようやくH振りメガゲンガーが中乱数で落ちる程度です。なので、ガルーラの肝っ玉猫だましなどの蓄積を入れてからヘラクロスを後投げすることが多かったです。
対ゲンガーの遂行が少々甘くなった代わりに特殊全般(ボルトクレセポリ2スイクンライコウ等)への打ち合いに強く、ゲンガーが選出されなくても戦える点が評価できます。
相手からのイメージはおそらくメガ>>>スカーフ>>>>>チョッキ=襷ぐらいだと思うので読まれません。技構成は岩石封じ以外確定で、ゲンガーが退いてこないことが多かったのでシャドークローも選択肢に入るかも知れません。(他はエッジ雪崩地震等)


ギルガルド 控えめ 食べ残し
シャドボ/キングシールド/身代わり/毒々
76-0-4-164-12-252
145-49-171-100-172-112 (シールド時、A0個体)

良くある毒ガルドからH削ってCに回したもの。ポケ徹から調整パクりました。ですがH実数値が161あれば高確率で身代わりがガッサの種ガン3発耐えると知り後日HSベースに変えました。なので
204-0-4-36-12-252
161-49-171-82-172-112
の個体の方がいいと思います。元々の調整はH振りのメガゲンを確定で落とすまで努力値を振ってますがこの構築ではそんなに必要ないと判断しました。
控えめで余りをCに振っているのはメガクチートへの確定数を意識しています。クレセクチート相手にはこのギルガルドを選出することが多いのでこの確定数は非常に大切だと思います。



選出パターン

選出パターンは以前の構築と同様に割と機械的に決めることが出来ます。
ガルーラをほぼ確定として、相手に
・ガルーラがいる→ガブリアス
・ゲンガーがいる→ヘラクロス
・クレセ等がいる→ギルガルド
・枠が余った  →ピクシー
・枠が足りない →誰か切る
といった考えで決めています。ただし、前とは違いガルーラを選出しなくても勝つことが出来る構築になっているのでガルーラを切ることもあります。結局MASTERSでは毎回選出したけど

それでも決まった選出パターンというものがない辺りに構築としての弱さを感じました。選出時間は短いので毎回選出を一から考えなくてはならないのは問題点かも知れません。

MASERSでの選出回数は以下の通りです。
ガルーラ 7/7
カイリュー 2/7
ガブリアス 6/7
ピクシー 4/7
ヘラクロス 1/7
ギルガルド 1/7


総評

改良前から劇的に強くなったかと言われるとそうでもないです。ですが、改良前よりは汎用性が上がっているのでゴチルを腐らせて負けるみたいな負けパターンが少なくなり、使いやすさが増したと思います。
あとこの構築を貸している後輩にはガルドが強いって言われました。決勝戦しかの1戦のみしか出せてない辺り僕は使いこなせてないですね;
また、以前から変わらずスカーフ霊獣ランドロスが苦手です。


雑記

実はこの構築のカイリューを鉢巻にしてガブを以前の剣舞搭載の型にしたもので9/20に行われた社mfに参加しました。
結果は6-3で全体41位(32位まで予選抜け)でした。
また、これを書いてる途中にtwitterを介して行われた19人程度の大会で優勝しました。
なのでやっぱり弱くはないと思います。

今回僕が優勝したMASTERSですが、来春にも開催するので僕の連覇を防ぎたいという方是非参加お待ちしております!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。