スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

清陵祭レポ!

こんにちは、前前代表のcloudiaです。

超今更ですが、5月末に行われた清稜祭のシングル大会の記事を挙げようと思います(忘れてたわけではありませんよ!)。

今回も例年同様ポケラバーズの会様が主催をしており、30人前後の人数が集まりました。
自分も去年の常盤祭に続き2連覇を狙って出場したのですが、なんと2勝2敗で予選落ちという結果に;;
己の至らなさを再確認する結果となりました。

というわけでたったの4戦ですが、ここではその対戦ログを挙げていこうとおもいます。

ちなみに使用構築はこちら
「クレセガルーラシャンデラ改」
ガルーラ クレセリア シャンデラ マリルリ ガブリアス ルカリオ
http://d.hatena.ne.jp/cloudia220/20140525/1401019754




1戦目ナフェさん
フリーザー ヒードラン ヘラクロス ボスゴドラ サンダー ガブリアス

フリーザーが異色を放つ構築、ヘラはメガ進化すると決めてかかる。

ガルーラが一貫するのでメガ枠はガルーラで決定、あとはゴツメサンダーとヘラクロスが面倒なので
それらに一貫する眼鏡シャンデラを選択、基本選出のガルクレシャンで行くことに。

この構築はガルーラヘラ対面でシャンデラを繰り出したときに
ロクブラを打たれるorヘラクロスがS109のシャンデラを抜いていたら負けが決定するのでかなり不確実ではある。

0Tこちらガルーラ 相手ヘラクロス
これは予想通り、初手は猫だましをうって猫捨て身を耐えるかどうか判定する。
耐えなさそうならそのまま捨て身、耐えそうならシャンデラ引き。

1Tこちらメガ進化猫だまし 相手ガブ引き
シーズン1ぶりに見たゴツメガブリアス、これでガルーラが半分ほど削れる。

2Tこちらクレセ引き 相手ヘラ引き
完全にやられたが、ガルーラを温存しておきたかったのでここで突っ張る択は無かったから仕方がない。
こういう引いてもう一回戻すという立ち回りをXYでよく見るので不利対面でも思い切り突っ張るという立ち回りを考察するのも
いいかもしれない。

3Tシャンデラ引き 相手メガ進化ミサイル針
想定通り

4Tこちらシャドボ 相手地震
シャンデラ瀕死→ガルーラ死に出し
ヒードランピンポ読みでシャドボ打つと見事に外れる、しかしここで炎技を打ってドランが出てきたら後続にドランの技が
一貫してしまいかなり勝ち筋が薄くなる。それならヘラをシャドボで削ってガルーラやクレセの技圏内に入れれたらいいやと思った。

5Tこちら冷パン 相手ガブ交換
ガブ瀕死→サンダー出し
冷パン圏内だと思ったのでガブ交換にも対応できるよう冷パン、これは決まってよかった。

6Tこちらクレセ交代 相手ヘラ交代
またもや合わされる、この交代は強いと思った。

7Tこちら三日月舞 相手ミサイル針
クレセ瀕死→ガルーラ再生
ミサイル針は5発は耐える。Sを抜かれてる可能性もあったのでキネシスは打たず舞一択。

8Tこちら冷パン 相手フェイント
相手瀕死→サンダー
抜いてるとわかってたので交代されてもいいように冷パン、フェイントは予想外だった。

9Tこちら捨て身 相手10万ボルト
同じ100族だがこちらはS無振りなので抜かれる、捨て身で死なないのでHBの模様。

10T相手10万ボルト ガルーラ瀕死

負け

4T目の時点でガブヘラまで見えており、ここでドランだったとしたらこちらのマリルリが重過ぎるから
サンダーの可能性を重く見て炎技を打つべきだったかもしれない。



2戦目Rayさん
バンギラス エアームド バシャーモ フシギバナ ニンフィア エーフィ
バンギムドーの並びにはクレセガルーラシャンデラorマリルリ選出ができないので裏択のメガルカリオ選出でいく。
フシギバナがいるのでマリルリは出しづらく、ガブルカリオシャンデラ選出となった。

0Tこちらガブリアス 相手エアームド
初手対面は最悪、シャンデラに引くしかない

1Tこちらシャンデラ引き 相手ステルスロック
シャンデラにステロが刺さるのでシャンデラを多く繰り出さないような立ち回りをしたい。

2Tこちら鬼火 相手バンギ引き
直前の変更点が上手く機能した。

3Tこちらガブ引き 相手吠える
ガブ→ルカリオ
吠えられたが結局有利対面に、シャンデラに戻されてもガブ引きを繰り返すつもりだった。

4Tこちらメガ進化波動弾 バンギ瀕死→バシャーモ
吠えるを見ているので身代わりも悪巧みもできないので素直に殴っていく。

5Tこちら身代わり 相手守る
完全に決まった、これは気持ちよかった。

6Tこちら身代わり 相手フレドラ
フレドラによる消耗やオバヒのCダウンなど考えて後攻身代わりを選択。

7Tこちら波動弾 相手エアームド交代
そろそろ殴るかと思い波動弾、エアームドにも一貫している。

8Tこちら波動弾 エアームド瀕死→バシャーモ
ここでは勝利を確信していた。

9Tこちら身代わり 相手とび膝蹴り
痛恨のミス。加速してないのだから相手後攻なのに何をおもったか身代わりを押していまう。これで身代わりを壊され相手にSが
負けてしまう。
このような考えればわかったはずのプレミは本当に論外だと思う。

10T相手雷パンチ ルカリオ瀕死→シャンデラ出し
ゆうてシャンデラがまだ残ってるから勝てるだろうと思った。

11T相手雷パンチ シャンデラ麻痺→「しびれてうごけない!」
運命の悪戯か

12T相手雷パンチ シャンデラ瀕死→ガブリアス
急所どころか高乱数でも落ちそう、泣きそうになりながら祈る。

13T相手とび膝蹴り ガブリアス地震
勝ち
HPが3残りなんとか勝った。


今回は勝ったがいいが、このようなプレミは絶対にやってはいけないのでどんな対戦でも集中力を欠かしてはいけないと思った。
この点以外は理想的な立ち回りができたと思う。





3戦目YejunRoleさん
ギャラドス ヌメルゴン ユキノオー ヘラクロス ヒードラン ドサイドン
とても偽名のかほりがする。
ギャラドスがいるのでマリルリを出したかったが、ノオーヘラあたりを考えるとシャンデラが欲しくなりやはり基本選出ガルーラクレセシャンデラ。
この構築は基本選出をかなり信頼していたので迷ったら出していた感はある。

ここで心配なのがゴツメギャラの可能性。ゴツメギャラはシャンデラのシャドーボールやガルーラの捨て身、クレセの毒等で上手く処理しないといけない。
ギャラがメガなのかゴツメなのかを相手の立ち回りから判断したいところ。

0Tこちらガルーラ 相手ヘラ
この対面は本当に飽きるほどある

1Tこちらシャンデラ引き 相手ミサイル針
ここまでテンプレ

この対面ではゴツメギャラが裏にいた場合引きが安定すると思ったのでゴツメギャラの可能性を少し下げる。

2Tこちらシャドーボール 相手ヌメルゴン引き
2試合目と同様ここも交代読みシャドーボール、これは決まったがヌメルゴンには微々たるダメージ。

3Tこちらシャドーボール 相手雷
シャンデラ瀕死→ガルーラ

ここでガルクレセ等に引いてしまったら眼鏡竜技が一貫してどちらかが切らざるをえなくなってしまう。
ガルーラは一番残しておくべきで、クレセもガルシャン双方がほぼHPマックスで残っているのに交代から三日月舞をするのは
今はもったいない、なのでそのまま突っ張って削りにかかる。

牙竜波動くらいなら耐えるからそこらへんの持ち物であってほしいと願っていたが、眼鏡雷を打たれてシャンデラが倒れる。

4Tこちら猫だまし ヌメルゴン瀕死→ヘラクロス
ヌメルゴンがまだクレセ等に繰り出していけるHPだったが突っ張ったこと、死に出しで3体目ではなくヘラを出してきたことから
ここでゴツメギャラの線を切る。ユキノオーヒードランあたりと予想。この時点でかなり勝ちが怪しい。

5Tこちら冷パン 相手インファイト
ガルーラ瀕死→クレセリア
ヘラを捨て身で削ってからインファで倒されて、後発のクレセのキネシスで倒しても、クレセにめざパがないためノオードラン(ないと思うがドサイも)にタイマンで勝てない。
なのでヘラをこの場で処理しなければと思いワンチャンにかけて冷パンを選択、しかし案の定なにも起きずインファイトで倒される。

6Tこちらサイコキネシス 相手ギャラ引き
なんと一番予想外だったギャラドス、しかしゴツメギャラなら電磁波をされて後ろのヘラに上をとられて負けだと思った。

7Tこちら毒毒 相手アクアテール
電磁波を持っていない様子、これならキネシスで押し勝てそう。

8Tこちらキネシス 相手アクアテール

9Tこちらキネシス 相手瀕死→ヘラクロス
これ捨て身を打っていたらキネシス圏内だったじゃんと思い泣きそうになる。

10Tこちらキネシス 相手ミサイル針
負け

5T目だが、インファイト読みでクレセに引くのが今考えたら正解だった。次のターンが突っ張られるか引かれるかでまた択となるが、このターンは氷を狙うよりも
こちらがいい択だったように思う。






4戦目チャキさん
ガルーラ マンムー ヒードラン マリルリ 化身ボルトロス ヘラクロス
まさかの現代表と同じブロック、しかしこの時点で予選落ちは確定していたので
意気消沈しながらも負け越し回避のために全力を出す。

苦手なヘラクロスと3回当たるという悲劇、とりあえずこれも迷うことなく基本選出。
交代読みを決められない限りは勝てると思った。

0Tこちらガルーラ 相手ボルトロス
これは有利対面、眼鏡気合球うってきたら諦める。

1Tこちら猫だまし 相手ひるみ
裏にノーマル技が受かるやつがいないので素直に猫だまし

2Tこちら冷パン 相手電磁波
ボルト瀕死→ヘラクロス
ここで嫌な択が発生、相手目線からすれば引くのが安定なので素直にインファイトを打ってくるとは思えない。
しかしガルーラが非常に一貫する構築なのでガルーラを失うわけにはいかないのでここは交代。

3Tこちらシャンデラ引き 相手地震
シャンデラ瀕死→クレセリア
交代読みを決められ倒れる。

4Tこちらキネシス 相手ミサイル針
ここで相手が猫捨て身耐えのヘラだった場合ガルーラを復活させても勝てないのでクレセで削る必要がある。
もちろんヘラのがクレセより速かったらダメだが、この対面で抜かれたことがないことから決め付けてかかる。

5Tこちら三日月の舞 相手ミサイル針(ミス)
クレセ瀕死→ガルーラ復活
こちらが抜いていたので削った後ガルーラを復活させる。

6Tこちら猫だまし 相手ひるみ

7Tこちら冷パン 相手瀕死→マリルリ
オボンの場合捨て身では落ちないので地震から入る必要がある。
ここでマリルリが馬鹿力を持っていたら負けることにきづいて必死に祈る

8Tこちら地震 相手じゃれつく
持ってないので勝ちを確信

9Tこちら捨て身 相手瀕死
勝ち

ヘラクロス入りは本当に択や決め付けの多い立ち回りを強いられるのでやってて辛い。





対戦ログは以上になります。かなり前のもので記憶がおぼろげだったり、はじめて対戦ログというものを書いたので
見づらい点もあるかと思いますがご了承ください。

見ていただきありがとうございました!ではでは・。・ノシ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。