【構築記事】マグロ積み構築

全国810万人のマグロファンの皆様こんにちは。
R.Y.U.S.E.I.群代表のやくらんです。
今回はR.Y.U.S.E.I.群必修科目であるマグロ積みについて語りたいと思う。

MASTERSオフマグロ積みたい参加申請多スギィ!



1.マグロ積みとは

 マグロ積みとは横国生の主な遊び場である横浜駅西口地域にある居酒屋「魚参」で行うことのできる競技である。

 桶に入った大量のマグロのブツ切りをトングで小皿に好きなだけ盛り、積み上げられた分だけ頂けるというメニューである。
 
 
 この魚参、全てのメニューは300円均一であり、このマグロ積みも例外ではない。300円で頂ける。さらに、18時までに注文することができれば、このマグロ積み、なんと100円で頂ける。
 
 注意したいのは魚参は17時開店であり、18時過ぎにはマグロが売り切れということが起こる。
 
 マグロを食いたければ開店凸

 MASTERSオフのタイムテーブルを見ろ、当日確実にマグロを積みたかったら予選落ちするしかないぞお前ら。
 
 

 このマグロの注文は1グループにつき一つである。また、このメニューは一人では頼めず、店舗のテーブルは4人席であるので2~4人での入店が望ましい。
 
 マグロを積む時間に制限は無いが、余った分は次のお客へ回るため、できるだけ素早く終わらせるのが礼儀、マナーである。TODは禁止だ。凍っていて積みづらくてもだ。その状況での最高の積みを目指せ。あまりに遅いと店長からのお叱りがあるかもしれないぞ。


2.積みの極意

 マグロ積みを注文し、出てくるものを確認しよう。
10.jpg


 桶のマグロを、左のトングを使って、下の皿に盛りつけるのである。

 皿は小さい。この小さな皿に、いかにして多くのマグロを盛り付けるか考えよう。
01.jpg

 重要なのは土台である。土台無くして最高のマグロ積みは生まれない。

 早速であるが、ここがマグロ積みにおいての最重要ポイントである。ここにマグロ積みの極意を伝える上で話さなければならない奥義がある。

   奥義~華積み
02.jpg

 今から建設するマグロタワーは先端に向かうにつれ細くしていく必要がある。


 できるだけ多くのマグロを積もうと考えるならば、皿より大きな土台があると都合が良い。
そこで、マグロを小皿に詰めた後、一つ上の層は、皿からはみ出すように置くのである。

 するとどうだ。切り身一つ一つは花弁の如く、皿からはみ出す切り身たち全体はの如く見えるではないか。

 画像では立方体状のブツしかなかったため、皿の縁に置いているだけであるが、長めの切り身があった場合は下の層のマグロと皿の隙間にねじ込むなどして、できるだけ頑丈なを作るべし。

 これが今回積めるマグロの量を決めるのである。


 上の画像を見て気づいた読者はいるだろうか。ここにはもう一つコツがある。
 層の上面は、揃え、地面と平行とすることである。
 
 こうすることでこの次の層も安定するのだ。この次の層も上面を平らにすればまたさらに層を上げることができる。では積み上げる経過を見てみよう。

03.jpg04.jpg

 上面を平らにすることを心がけていれば安定して層を上げることができる。
 コツとしては、下の層の切り身と切り身の間にマグロ橋を渡すことである。上の画像の最上段を見るとわかりやすい。

 また、積む本人からは傾いているのかどうかがとてもわかりづらい。周りの人が傾きかけていることを指摘するのがオススメである。(熱くなりすぎて、テーブルを蹴る、テーブルに肘を打つ、マグロに唾が飛ぶなどが起こらないようにすべし。)

 

 ここまで来ると積み安そうな切り身も無くなってくるので、仕上げに入ろう。

 ここまでは多く積むために円柱に近い形を保ってきたが、これから先は安定してゴールすることを考えよう。
 少し積み間違っただけで全体が崩れそうになることもある。崩れてしまっては、残ったマグロの形的にも、店の空気的にも積みづらくなる。ここからは安定したゴールを目指すのが最良である。

 (ある芸人がこのマグロ積みに挑戦したブログには、右手でトングを握り、空いた左手で直接マグロを押し固めるのも許可された、とあったが、不衛生であるし、何より美しくないのでトングを持つ以外の手は皿を押さえるに留めよう。(この記事作成中に確認したところその芸人の記事は既に削除済みであった。))
05.jpg06.jpg


 積み終わったら撮影するのも良いが、早めに店員さんを呼んで、「終わりました。」と伝え、桶とトングを引き取ってもらおう。
 
 ここまで来てしまえば、崩そうが咥えようがこちらの勝手である。回収が終わってから悠々と撮影するなり、取り皿に分けるなどすると良い。取り皿に分ける際にはこの塔の周りに小皿を囲むように数枚置いてから崩し始めると、急な崩落があっても安心である。



 最後の画像が今回出来た塔である。
 
 積み慣れた私が積んだマグロタワーですら、ピサの斜塔よろしく傾いているのがわかるだろう。正面からだと分からないのだ。周りの助言が不可欠である。皆で協力してより高いバベルの塔を建設しよう。




積んだマグロ画像をツイートし、飛んでくるRT通知を見ながら飲む酒は最高に旨いぞ。

この記事を読んだあなたも、高くマグロを積み、最高のマグロライフを送ろう!

オフ中皆マグロ積ミニ行ッテ決勝ノ観客ガ皆無ダッタラ私悲シイ


文責:やくらん



おまけ
R.Y.U.S.E.I.群で立てたクリスマスツリーを紹介しておきます。
08.jpg

 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)