スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【第32回シングル厨第4位構築】ライコウローブマンムー

ポケモンバトルに勤しむ諸兄姉、こんにちは。
流星群現代表のやくらんです。

今回私は12/5に開催された「第32回シングル厨のつどい」にサークル員9名と共に参加しました。

結果私は第4位という結果を残すことができましたので記念に構築記事を書かせて頂きたいと思います。

今回使用した構築は以下のようになっています。 

ダウンロード



【個体紹介】(理想値ではなく今回使用した個体の値を載せています。)
salamence-mega.gif
①ボーマンダ@メガ石
【性格】意地っ張り 【特性】威嚇→スカイスキン
【実数値(努力値)】171(4)-205(252)-100-117-100-152(252)  (メガ前)
【技】逆鱗/龍の舞/地震/空元気
最も技構成に諸説ある個体
 特に逆鱗は捨て身か恩返しにすべきと指摘されることが多いが、まだパーティーの作成中であってどちらが良いかを考えるためのオフ参加でもあったため、ボックスにいた逆鱗個体を採用。
 捨て身か恩返しがあればよかったと強く思ったのは3位決定戦くらい。(負けたが)
 予選においてはメタモンにコピーされ捨て身であったら負けていた状況があり結果的には逆鱗で正解だった。(「ボーマンダの技としては逆鱗が最適解」と言いたいわけではないということを強く言っておく。)今後は捨て身や恩返しでも回してみようと思う。
 空元気を採用しているため、ファイアローに対する後投げや、ゲンガー前での龍舞が安定する。(HD等火力を削ったアローが多いため。ハチマキ等だったら厳しいが。)
 通りが良い事と大文字の命中不安が嫌だったため地震採用。
 少し耐久調整をした方が良いかもしれない。

raikou.gif
②ライコウ@光の粘土
【性格】臆病 【特性】プレッシャー
【実数値(努力値)】166(4)-81-91-166(244)-120(4)-183(252)
【技】10万ボルト/めざめるパワー氷/リフレクター/光の壁
最も存在に諸説ある個体
 もともとこのパーティが壁ライコウからの龍舞マンダを軸に作り始めた為パーティに残っているが、起点になりやすいため殆ど選出しなかった。(負けた試合に一回選出したのみ。そのせいかライコウを選出すべき準決勝で信用できず選出できなかったのが反省点。)
 別構成にするか、炎か草技持ちの別個体にした方が良いと思う。

conkeldurr_20151206224758d31.gif
③ローブシン@ゴツゴツメット
【性格】意地っ張り 【特性】鉄の拳
【実数値(努力値)】207(212)-192(116)-137(172)-67-85-65 (努力値8余りが記事作成中に発覚→どっかに振れ)
【技】はたきおとす/ドレインパンチ/マッハパンチ/れいとうパンチ
パーティの紅一点ろーちゃん
 今回のMVPはこの子。
 物理受けとして採用。ガルーラ絶対殺すウーマン。火力の無いアローもイケる。
 今の環境だとチョッキが大多数なため誰も特殊技で攻めてこない。→物理で攻めてくる。→物理受けでええやん。ってことで採用した個体。捨て身タックルやブレイブバード、フレアドライブなどの反動技を使ってくるポケモンがカモ。
 一発耐える(反動とゴツメダメ)→ドレインパンチ→マッハパンチ→一発受ける(反動とゴツメダメ)で大体落とせるか、裏の先制技圏内になる。この子でドリュウズなんかも怖くない。
 ゴツメダメ、反動ダメの為だったら容赦なく捨てていた。この使い方を見たサークル員の感想は「雑。」
 先輩に貰った6v個体の為Sが気になる。ギルガルド抜かれぐらいにはした方がいいかもしれない。
 チョッキが流行っているからゴツメ型が刺さっただけで、存在が知られた場合全く刺さらなくなると思う。

mamoswine.gif
④マンムー@気合の襷
【性格】陽気 【特性】あついしぼう
【実数値(努力値)】185-182(252)-101(4)-68-80-145(252)
【技】地震/つららばり/氷の礫/ステルスロック
自覚の塊
 ローブシンに続いて殆どの試合に出てきた子。
 氷4倍勢、ボルトロス、バシャーモなどに対し、タスキを盾に攻める。
 ローブシンのマッハパンチ同様、つぶての所持が当たり前であり、とどめ時の先制技を狙った交代が少しでも見える場合は強気でつららばりを選択した。今大会では読みが冴え、パーティ全体でキツイニンフィアを交代際につららばり5.5回当てて突破するなどの活躍を見せてくれた。(オフ大会特有の読みがあるためレートでは推奨できない立ち回りではある。??「蛇でいてくれて、ありがとう!」
 大会前にステロを地割れに変更しようと思ったが、自分の命中力の弱さを考えやめた。(個体も持ってなかった)
 結果的にはステロが活躍する場面が多かったため変更しないで良かった。

aegislash.gif
⑤ギルガルド@ラムのみ
【性格】いじっぱり 【特性】バトルスイッチ
【実数値(努力値)】167(252)-110(236)-170-51-170-83(20)
【技】アイアンヘッド/剣の舞/かげうち/せいなるつるぎ
ニンフィアに強いポケモン教えてください
 もともとここはファイアローだった枠。しかしHDアローを作っておらず、ハチマキであって、殆ど選出しなかったため、フェアリーに対する誤魔化しとしてガルドを採用。型は迷ったが小さくなる勢にどうにもならなくなることを避けたかった為剣舞聖剣型。結果物理4体となっていたが気にしない。ローブ、マンムーに続いて先制持ちであるので確実に一発入れられて、落とされてもタスキを温存したマンムーが死に出しできるということを優先した。
 殆ど出すことは無かったが、ローブシンと並んで、オニゴーリの選出を抑えてくれた(?)ことは評価したい。

Gengar_Mega_XY.gif
⑥ゲンガー@メガ石
【性格】臆病 【特性】浮遊→影踏み
【実数値(努力値)】167(252)-63-80-151(4)-95-178(252)
【技】シャドーボール/ヘドロばくだん/きあいだま/みちづれ
悔いの残る気合球
 きあいだまはほろびのうたにしたかった。自分で構築を見てて滅びが欲しいとは思ったが遺伝個体が無かったのと時間が無く気合球のまま出場した。気合球を打ちたいような相手にはローブシン投げで事足りるのは分かったが催眠術の採用は、自分の命中力の無さを考えて嫌だったためこのまま出場してしまった。気合球も当たらないだろ
 結局気合球を打つ機会は無く、スイクンなど滅びで処理したい時が準決勝で来てしまい、後悔が尽きない。
 滅びゲンガー早く準備します。


【選出】
今回の選出は基本,
マンムー+ローブシン+ボーマンダ
又はマンムー+ローブシン+ゲンガー
であった。

各ポケモンと結果については以下の通り(第一予選9試合/第二予選5試合/本選4試合)
ボーマンダ 〇〇〇〇〇××  /〇〇〇×   /〇×
ライコウ   ×           /選出無し   /選出無し
ローブシン 〇〇〇〇〇〇×× /〇〇〇〇× /〇〇××
マンムー  〇〇〇〇〇〇×   /〇〇〇〇  /〇〇××
ギルガルド 〇〇          /×       /選出無し
ゲンガー   〇〇          /〇       /〇×

全18試合中ローブシンが17試合、マンムーが15試合という選出であった。
かなり使い勝手の良い2体であったので他の枠をどうするか考えていきたいところである。
題名の"ライコウ"ローブマンムーとは何だったのか


【感想】
大会当日は提督業の友人との所用で、試合が終わり次第早く帰るつもりであったのだが、7-2で第一予選抜け、4-1で第二予選抜けと順調に勝ち進めたのはうれしい誤算であった。
第二予選抜け確定後、シード権を争ってじゃんけん大会がありそれによって顔が晒されてしまったのは予想外だった。



同じ横浜国立大学のもうひとつのポケモンサークルPokeloversの会の代表であるつかじゅんくんも決勝トーナメントに出場しており、もしかしたら当たるかもしれないと二人で話していたのだが当たれなくて残念だった。
そのつかじゅん氏を討ち倒してきたのがポnewオフにおいてデュエマトークで仲良くなった中ポケのがちゃゲルくんであり、私は彼と準決勝で当たり、熱い握手と「今度デュエマしよう!」など言葉を交わして(当時会場の1階ではデュエマ公式大会が開かれていた)試合に臨んだ。そこで私は負けてしまい、流石に悔しかった。(がちゃゲルくんはそのまま決勝も制した。)
銅メダルを目の前にし、逃したのも悔しいの一言。

と、「〇〇だった。」(小並感)と感想を並べましたが、今回の結果を受けて、ようやく対戦特化サークル流星群の代表としての活躍ができて安堵したということが一番の感想です。


長くなりましたが、ここまで読んで頂きありがとうございます。

横浜国立大学ポケモンサークル流星群代表 やくらん 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。